ホーム > JIHYO BOOKS > 日本の未来を託す!

日本の未来を託す!

国難の今こそ、苛酷な戦中・戦後を生き抜いた先人たちの提言に、
苦境を乗り越え未来に向けた活路を見出す、次世代への書

定価:1,500円+税 総頁:212頁 ISBN:978-4-88339-182-0
日本の未来を託す!
定価:  1,500 円+税
注文数:   冊
小野田寛郎、俵孝太郎、土居征夫、米盛幹雄
前書き:日野原重明
東日本大震災後発生後、さらに活力を奏しつつしつつある我が国において、焦土の中から立ち直り、世界屈指の経済大国の礎を築いた有識者が、政・経ほかあらゆる側面から、いかに日本を建て直すべきか語り尽くす。
終戦後もフィリピン・ルパング島で孤高のゲリラ戦を展開した小野田寛男氏、戦後マスメディアの中核に位置し政治と社会に斬り込んできた俵孝太郎氏、半世紀を越える行政情報誌「時評」を創刊した米盛幹雄氏、そして通産官僚として霞が関の行政機構を支えてきた土居征夫氏。
この至高の面々が、わが国が抱える課題とその背景、解決に向けた方策と建白を示す。
とくに震災からの復興に関しては、厳しい道のりであるがゆえに、現実を直視し甘えを排すべきだと主張、ともすれば情緒に流れがちな世論を鋭い論法で両断、その直言はときに耳に痛いが、実体験に基づいた警句だけに、読むほどに一言一言の重みが胸に迫る。
主な掲載内容
  • まえがき 日本人が、勇気を持って行動するために
  • 第一部 震災後、さらに顕在化した日本の堕落
  • 第二部 先人が辛酸の時代に築いた社会
  • 第三部 次世代のためにあえて喝を
  • 資料 国民精神作興二関スル詔書/戊辰詔書