ホーム > JIHYO BOOKS > 省エネ・新エネがつくる、超・少子高齢化のなかで人にやさしい スマートコミュニティ

省エネ・新エネがつくる、超・少子高齢化のなかで人にやさしい スマートコミュニティ

活力ある高齢化社会を迎えるための方策、そして都市の再生と活性化のカギとなる
スマートコミュニティ、その本質がより深く、さらに詳しく。

定価:1,500円+税 総頁:268頁 ISBN:978-4-88339-183-7 平成24年9月発行
省エネ・新エネがつくる、超・少子高齢化のなかで人にやさしい スマートコミュニティ
定価:  1,500 円+税
注文数:   冊
監修 東京工業大学特命教授 柏木 孝夫
少子高齢化の進展と人口流出など、今わが国の地方都市は一様に大きな課題と将来不安を抱えている。
そのうえに東北地方三陸沿岸は東日本大震災に加えて新たな街づくり・地域再生を余儀なくされた。
この難題に対する有力な解となるのが、スマートコミュニティである。
IT、省エネ、健康という各要素が有機的に結合した快適なまち、それを可能にするためには自治体、地域産業、そして住民とも、スマートコミュニティに対する理解が求められるだろう。
前回、エネルギ?のパラダイムシフトに焦点を当てた『スマートコミュニティ 未来をつくるインフラ革命』からさらに一歩踏み込み、街づくりの観点から、改めてスマートコミュニティの真髄に迫る。
主な掲載内容
  • 地域コミュニティの再生と進化に向けて
  • 総務省・厚生労働省・経済産業省・国土交通省の取り組み
  • 実証実験レポート
    釜石市/富山市/横浜市/北九州市
  • 先進企業に聞く
    イーエヌ大塚製薬、インターリスク総研、オリエントコンサルタンツ、鹿島建設、
    KDDI、清水建設、スウェーデンハウス、積水化学工業、東京ガス、
    トロピカル・プラネット、西日本電信電話、日産自動車、
    日本能率協会総合研究所、パシフィックコンサルタンツ、東日本電信電話、
    三井不動産