ホーム > JIHYO BOOKS > スマートコミュニティ 新たなビジネスモデルを世界に

スマートコミュニティ 新たなビジネスモデルを世界に

わが国に浸透したスマートコミュニティ。成長戦略の柱として国際社会への展開を見据えたスマートコミュニティの、総合的な解説とレポートをお届けする。

定価:1,500円+税 総頁:227頁 ISBN:978-4-88339-194-3 平成25年9月発行
スマートコミュニティ 新たなビジネスモデルを世界に
定価:  1,500 円+税
注文数:   冊
監修 東京工業大学特命教授 柏木 孝夫
「未来をつくるインフラ革命」「省エネ・新エネがつくる、超少子高齢化のなかで人にやさしい」に続く、小社刊「スマートコミュニティ」シリーズの第3弾
過去2作が、エネルギーや超高齢化というわが国が抱える各課題に焦点を充てたのに対し、今回は「新たなビジネスモデルを世界へ」のサブタイトル通り、総合的、総体的な観点からスマートコミュニティの全体像を捉えなおす。
ここ数年、自立分散型エネルギーやICT技術の進展を背景に各地域独自のスタンスで着実に進展してきたスマートコミュニティは、今では都市づくりにおける一つの先駆的事例として国際社会からも着目されており、ゆくゆくは海外の都市形成におけるビジネスモデルの役割を果たすであろうと期待されている。
現政権が掲げた成長戦略の主要な柱にも位置付けられ、国、地方自治体ともますますスマートコミュニティの充実に注力している。
第3弾では、世界への飛翔を見据えてさらに進展する国の取り組み、スマコミが軌道に乗り始めた各地方自治体、それに様々な分野が参画する産業界の動向などを紹介する。
主な掲載内容
  • スマートコミュニティとは「成長戦略」そのものである/柏木孝夫
  • 総務省・厚生労働省・経済産業省・国土交通省の取り組み
  • 実証実験レポート
    岩手県宮古市/長野県塩尻市/熊本県水俣市
  • 先進企業に聞く
    NTTファシリティーズ、KDDI、清水建設、JX日鉱日石エネルギー、
    積水化学工業、積水ハウス、大成建設、竹中工務店、東京ガス、日本電気、
    東日本電信電話、ファミリーネット・ジャパン、三井不動産