ホーム > 最近の取り組み

最近の取り組み

時評社では、中央省庁をはじめ、地方自治体ならびに各法人団体などとともに日本の国力向上、経済成長を目指し、様々な取り組みを行っております。
本ページでは、弊社の主催・共催事業の一部をご紹介させていただきます。
2014年2月「南海トラフ巨大地震に備える実務セミナー」(宮崎)

日本列島の太平洋沖沿いの広い震源域で連動して起こると警戒されている「南海トラフ巨大地震」。未曽有の災害に対して、東日本大震災の経験を国、地方自治体、そして企業はどう活かし、対策を立てているのか、 宮崎県主催『平成25年度 宮崎県危機管理・防災研修会』第2部「南海トラフ巨大地震に備える実務セミナー」において、危機管理を実際に担当されている方々にご講演いただきました。

   
月刊「時評」2014年4月号掲載
   

「時評」掲載記事のご購読についてはこちら

2014年2月「スマートコミュニティ構想(第3弾)」

情報通信技術(ICT)の活用や、エネルギーの高度利用・エネルギー源の多様化を図ることで、現在社会が抱える様々な問題を解決する手段の一つでもある「スマートコミュニティ」構想(参照:経済産業省HP)。今回で三回目となる本講演会では、副題を「地域活性化を図る分散型エネルギーで日本の成長戦略を創造する」として、霞が関の関係省庁や地方自治体、そして先進企業などで実際に本件に携われる方々にご講演いただきました。

   
月刊「時評」2014年3月号掲載
   

「時評」掲載記事のご購読についてはこちら

2013年1月「日本食文化普及プロジェクト in France~日本テーブルアート展」
経済産業省が展開する平成24年度「クール・ジャパン海外戦略推進事業」の委託をうけ、弊社は在日フランス商工会議所と共催し、フランスでの日本食文化とテーブルアートの普及を目的とした本プロジェクトを企画。日本全国から応募されたテーブルアートは厳正な選考の後、パリの人気セレクトショップ“FLEUX”で展示・商談にむけたプロモーションを行いました(Webへ)。
   
月刊「時評」2013年1月号 掲載
   

「時評」掲載記事のご購読についてはこちら