ホーム > 会社概要

会社案内

ご挨拶

月刊『時評』は昭和34年10月に創刊いたしました。創刊の辞に「世界的視野のもとに時々刻々のわが国の政治経済の動きを、つねに新たなる角度から分析するものである」と書きました。同人わずか6人のささやかなスタートながら、志の高さだけは一流でした。
爾来、浮沈の激しい出版界にあって半世紀以上、1度の休刊もせず派手さは無くとも着実にひたすら政・官・財の接点となり、その中でも行政がどのような政治・経済・社会環境にあっても公平・中立に、そして正しい政策の企画立案していくことが我が国経済社会の発展に寄与していくものと捉え、時宜を得た本質を突いた行政の総合情報の視点から誌面を展開し、着実に部数を伸ばして参りました。おかげ様で、官界、産業界、政界、およびマスコミ界で、「官庁ニュースの時評」として名を知られるようになり行政の総合情報誌ナンバーワンという確固たる位置づけを確立できました。これも初志を忘れず、愚直に、コクのある記事づくりに徹してきた賜だと思っております。
現在、月刊『時評』のほか、新しいタイプのwho's who『官庁名鑑シリーズ』、『JIHYO BOOKS』などの単行本部門と、官庁・民間の中身の濃い情報交流の場である「虎ノ門政策研究会」「東京産業政策研究会」、霞が関関係の総合シンクタンクともいうべき「霞が関総合情報センター」、「国と地方」、「官と民」と伴に各種啓蒙セミナーを開催するなどの事業を精力的に展開しております。
さらに、日々進展している情報社会に対応し、独自ソフトによるデータベースやウェブサイトを充実させ、官庁の人と政策にかかわる全情報をリアルタイムで提供、「官と民」、「国と地方」が一体となり、世界に誇れる社会を構築できるよう出版、セミナー、ITを活用したクロス・メディアで総合情報カンパニーを目指して参ります。皆様のご理解とご支援を心からお願い申し上げます。
株式会社 時 評 社
代表取締役社長 米盛 康正

会社概要

設立年月日 昭和34年10月1日
電  話 03-3580-6633(大代表)
代 表 者 代表取締役社長 米盛 康正
決 算 期 9月
本社所在地 〒100-0013東京都千代田区霞が関3-4-2
商工会館・弁理士会館ビル6F
F A X 03-3580-6634
資 本 金 10,000,000円
主な取次店 全官報、トーハン、日販、大阪屋、栗田、ほか

組織

組織図

採用情報

アクセスマップ

アクセスマップ
株式会社時評社 〒100-0013  東京都千代田区霞が関3-4-2
周辺地図    商工会館・弁理士会館ビル6F         TEL:03(3580)6633