お問い合わせはこちら

2016年9月号Monthly Jihyo 2016.9

2016年9月号
◆森信茂樹が問う、霞が関の核心
行政・民間を問わず地方創生のカギは人にあり
内閣府地方創生推進事務局長 佐々木 基
◆2020年東京オリンピック・パラリンピックに寄せて
スポーツで日本を新たなステージに
スポーツ庁長官 鈴木 大地
◆防災の日/特別インタビュー
産業界、地域、国際社会と連携を取り防災意識の向上を図る
内閣府政策統括官(防災担当)加藤 久喜
◆サイバーセキュリティ政策最前線
サイバー空間は無限の価値を生むフロンティア
内閣官房 内閣サイバーセキュリティセンター 内閣審議官・副センター長 三角 育生
◆スーパースマートインフラ革命~首長に聞く
東日本におけるエネルギー供給県を目指して
秋田県知事 佐竹 敬久
◆国土交通政策最前線/不動産業政策特集
「場」の産業としてのサービス拡大を目指す
国土交通省土地・建設産業局不動産業課長 中田 裕人
◆国土交通政策最前線/不動産市場整備政策特集
2020年に30兆円市場を目指す不動産市場
国土交通省土地・建設産業局不動産市場整備課長 大澤 一夫
◆環境政策最前線/大気環境・自動車環境対策特集
良好な大気環境は一億総活躍社会の基盤
環境省水・大気環境局大気環境課長(兼)自動車環境対策課長 瀧口 博明
◆特集/農産物先物市場
農産物先物市場により多くの参加者を
農林水産省食料産業局食品流通課長 髙橋 和宏
商品先物発祥の地、「堂島」からコメ先物価格を世界に発信
大阪堂島商品取引所理事長 岡本 安明
◆<シリーズ・ 訪日外国人観光客4000万人の目標達成に向けて、地方空港の機能強化を>~那覇空港特集
滑走路増設と駐機スポットを増設し、空港容量拡大へ
国土交通省航空局航空ネットワーク部空港施設課長 長谷川 武
那覇空港に構築された物流ハブをベースに、アジア各国への橋渡し(万国津梁)を
沖縄県企画部長 下地 明和
那覇空港を拠点に、ヒト・モノの交流を担っていく
那覇空港ビルディング株式会社代表取締役社長 兼島 規
那覇空港を貨物ハブ事業とMRO事業の拠点に
ANAホールディングス株式会社グループ経営戦略室事業推進部長 植松 只裕
◆シリーズ/地方創生の具体モデルを考える~大型座談会
常にお客様の視点と提案力で観光施策をリードする
森県知事 三村 申吾/観光庁観光地域振興部長 加藤 庸之/成田国際空港株式会社代表取締役社長 夏目 誠
◆対談 健康長寿社会を目指して
あらかわモデルを世界へ
荒川区長、特別区長会会長 西川 太一郎/株式会社日中医療福祉支援機構取締役会長、荒川区顧問 髙橋 行憲
◆先人たちに聞く
知財戦争は、今後も国家間の大きなテーマに
石油資源開発株式会社相談役 (元通商産業事務次官)棚橋 祐治
◆一戦後人の発想
安倍の強運はどこまで続くか
俵 孝太郎
◆社会保障夏季集中講座 2016(下)
保険料納付の実効性確保方策
東京福祉大学大学院教授(副学長)喜多村悦史
◆Hot Angle
人・都市・社会システムの健康づくりを求めて
筑波大学大学院教授 久野 譜也
◆BOOK REVIEW
『「自分に自信がない人」を卒業する44のヒント』(村井 嘉浩著)

こちらの商品は、在庫ございません