お問い合わせはこちら

虎ノ門政策研究会企業研究/フジタ浅川正幸専務インタビュー

ポスト・コロナ時代のまちづくりを担う“フジタブランド”100年支える技術開発

株式会社フジタ 代表取締役 専務執行役員 浅川 正幸 氏  あさかわ まさゆき 昭和32年1月2日生まれ、長野県出身。東京国際大学商学部卒業。54年フジタ工業株式会社(現 株式会社フジタ)入社、平成21年東京支店副支店長、23年営業本部営業統括部長、24年執行役員営業本部副本部長、27年取締役常務執行役員営業本部長、30年取締役専務執行役員等を経て、令和2年4月から現職。
株式会社フジタ 代表取締役 専務執行役員 浅川 正幸 氏  あさかわ まさゆき 昭和32年1月2日生まれ、長野県出身。東京国際大学商学部卒業。54年フジタ工業株式会社(現 株式会社フジタ)入社、平成21年東京支店副支店長、23年営業本部営業統括部長、24年執行役員営業本部副本部長、27年取締役常務執行役員営業本部長、30年取締役専務執行役員等を経て、令和2年4月から現職。

オープンイノベーションが叫ばれるようになって久しく、協業領域は建築業界でも拡大している。1910年に広島県で創業され、現在は東京に本社を置く準大手ゼネコンのフジタでも、他社や大学との共同研究が盛んだが、それだけでなく同社では技術センターへ外部からの見学を広く受け入れ、実装前のアイデアを披露することすらあるという。同社の浅川専務に、技術開発の公開に対する考えと同社が見据える今後の方向性についても語ってもらった。
(虎ノ門政策研究会事務局:重田瑞穂)

FRASH構法は梁の端部をRC(鉄筋コンクリート)造、中央部をS造としたハイブリッド梁による構造システム。(提供:フジタ)
FRASH構法は梁の端部をRC(鉄筋コンクリート)造、中央部をS造としたハイブリッド梁による構造システム。(提供:フジタ)

浅川 受注アップに貢献した研究実績の中でも、筆頭は「FSRPC構法」という建築技術です。これは柱を工場(PCa、プレキャストコンクリート)で作り、梁(はり)をS(鉄骨)にして両者を組み合わせるハイブリッド構法ですが、すべてをS造で作ると鉄のコストがかさむのに比べて、費用を抑えながら空間を大きく作れることがメリットでした。大きな建物であるほどこのメリットは大きくなるわけです。鉄の価格が高くなったときにもこの技術が力を発揮し、並みいる大手を抑えて当社が物流倉庫の受注で日本一になった年が何度もありました。

 経験値がたまるにつれてハイブリッド構法もさらに「FSRPC-B構法」や「FRASH構法」など変化を遂げています。仕上がりが綺麗なので、病院などにも採用されるようになりました。

外部向けにも“築育”と称して地域住民や子供たちへ建築業の魅力を伝える活動を行う(提供:フジタ)
外部向けにも“築育”と称して地域住民や子供たちへ建築業の魅力を伝える活動を行う(提供:フジタ)

 ゼネコンで仕事をする面白さって、社会にどう貢献したかという実感を見える形で得られるところだと僕は思います。昔ながらの、ヘルメットをかぶって汗かいて頑張るっていう精神論だけではなくて、その結果、受注・設計・施工などを通じてつくった「モノ」が残ることが醍醐味なのです。これを味わったらやめられなくなりますよ。
 新入社員にはまずうちの技術を学んでもらう必要がありますので、研究職でなくとも最初に技術センターを見てもらっています。今は、教育にもっと力を入れるために、技術センターに宿舎や研修施設を作っているところです。

浅川専務(取材時撮影)
浅川専務(取材時撮影)
ウォークスルー顔認証&サーマルシステムを開発。東大発ベンチャー「株式会社Ollo」「株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス」「株式会社経営共創基盤」と共同開発。(提供:フジタ)
ウォークスルー顔認証&サーマルシステムを開発。東大発ベンチャー「株式会社Ollo」「株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス」「株式会社経営共創基盤」と共同開発。(提供:フジタ)
フジタがメキシコで設立した子会社で提供する水質分析サービスが同国の公的認証を取得(提供:フジタ)
フジタがメキシコで設立した子会社で提供する水質分析サービスが同国の公的認証を取得(提供:フジタ)

(本記事は、月刊『時評』2021年8月号掲載の記事をベースにしております)